自毛植毛のメリットは?

 

『自毛植毛に失敗しないために』口コミで評判の病院はどこ?

 

自毛植毛は、かつらや他の薄毛の悩みに対する処置を比較して、自分の毛が生えてくるというメリットがあります。後頭部など、男性ホルモンの影響を受けにくい元気な毛根がある部位から、生え際などの気になる部位に移植することで、自分の毛の定着をはかる治療です。

 

今までの自毛植毛は、長方形の形に頭皮ごと切り取り、それを生え際に移植していたので、どうしても傷跡などが目立ってしまい、周りの人に気づかれてしまいました。しかし、最近では、毛根ひとつひとつをストローのような細い機械で取っていき、それを埋め込むという治療法に変わりました。こうすることで、傷跡の目立たない治療が可能になりました。

 

それでも、術後1週間は小さな傷ができている状態です。髪の毛はあらかじめ伸ばしておき、後頭部はツーブロックのようにすることで目立たずに治療ができます。生え際は目立ってしまう部位ですが、前髪で隠すようにするといいでしょう。気になるようであれば、術後だけ使うかつらや、その時だけ自分の髪の毛を増毛しておけば隠すことができます。移植した毛根が定着し、髪の毛が伸びてくれば自然な状態になるので隠す必要はありません。後頭部の髪の毛も伸びていくので、自分の好きな髪型にすることができます。

 

オールバックやスキンヘッドなどで、治療した部位を隠すことができない時は、帽子を活用します。ずっとかぶっているわけではないので、定着するまでの我慢だと思って使用しましょう。一時的に隠し、定着したらいつも通りに自然に過ごすことができます。髪の毛は1カ月に約1センチと、ゆっくりしたスピードで伸びていきます。自毛植毛をすると、早く髪の毛が伸びて欲しいと願うものですが、伸びていく髪の毛こそが自然の証です。生えそろった髪の毛になるまでに、数カ月かかることもありますが、髪の毛があることで得られる喜びは、何にも代えがたいものです。気づかれないようにする期間は、一時的なものだと考えて気楽に過ごしましょう。

自毛植毛の施術の後

 

『自毛植毛に失敗しないために』口コミで評判の病院はどこ?

 

自毛植毛とは、文字通り自分の毛髪を利用する植毛方法です。AGAなどで薄毛になっている人でも、後頭部や側頭部は生命力が強く禿げることはすくない箇所です。その生命力の強い側頭部や後頭部の毛髪を採取して、薄毛や脱毛した箇所に移植するという画期的な治療です。
移植された毛髪の毛根には、毛乳頭と呼ばれる毛の成長に必要な栄養を取り入れる組織があり、頭皮の毛細血管や神経と結合することで毛が生えてきます。
元々自分の髪の毛ですから、周りの毛と質や色も同じで違和感なく自然なヘアスタイルを保つことができるのが魅力です。

 

自毛植毛の施術を受けた当日には、シャンプーをすることができませんから、前日に必ず洗髪しておくようにしましょう。術後2日目から洗うことはできますが、2週間を経過するまでは毛に負担をかけないように優しく洗うことが基本となります。また使用するシャンプーは、刺激の少ないものを選ぶようにし、合成界面活性剤や着色料、香料、保存料などが含まれていない無添加のものを使用することをおすすめします。
2週間以降は、移植した髪の毛も定着していくので、通常の洗い方をしてもかまいませんが、なるべく頭皮への刺激がすくないものを使用する方がよいでしょう。
またクリニックによって異なりますが、術後2週間ほどで頭部の縫合した部分の抜糸が必要な場合もあり、メスを使用せず切らない手術もあるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

 

前頭部の手術を受けた場合に、まぶたが腫れることがありますが、数日間安静にしておくことで腫れの軽減や回避につながります。また飲酒は、腫れや出血、痛みがでやすくなるので、施術当日は避けた方がよいでしょう。喫煙は毛の定着率を下げてしまうので、できれば1週間は禁煙する方がよいでしょう。
術後のトラブルを回避するためにも、事前に施術に際しての具体的な注意事項を説明してもらい、よく納得してから行うことが大切です。

植毛には大きく分けて2種類あります。

植毛には、人工的につくった髪の毛を植える人工植毛と、自分の毛を別の場所に移植する自毛植毛の2つがあります。それぞれにメリット、デメリットがあり、費用も異なります。特徴をよく理解した上で選ぶことをおすすめします。

 

まずは人工的な毛を植える方法ですが、手術費用は自毛を植えるよりも安く、好きなだけ増やすことができます。自毛を植える場合には、移植元となる自毛が必要ですので、もともとどこにも自毛がない人、頭皮全体から髪の毛が抜け落ちてしまっている人はできない方法です。しかし人工毛であれば、まったく自毛がない人でも植えることができます。

 

自身の毛を頭皮ごと移植するというような大掛かりな手術ではないため、比較的短時間で済む手術です。自毛に比べると安価なのも魅力です。術後はすぐに髪が増えたことを実感できます。

 

このように一見良いこと尽くめのように思える人工毛ですが、デメリットもあります。まずは安全性の問題です。人工的に作られた毛は、当然自然の毛ではありませんので、頭皮が異物と認識します。異物が頭皮内に入ってきたということで、排除しようと炎症を起こしたり、抜け落ちたりしやすくなります。いわゆる拒絶反応です。落ち着けば問題ありませんが、何か頭皮にトラブルが起こりやすくなることは事実です。

 

そしてもう1つ、自毛を植えるのに比べて大きなデメリットがあります。それは、人工的に植えている毛である以上、生え変わることはない、ということです。つまり一度抜けてしまえばそれまでです。いつまでも術後の髪量を維持することはできません。維持しようと思えば、定期的にメンテナンスをする必要があります。メンテナンス費用は安くありませんので、初期費用を抑えられるといっても、トータルでは経済的とは言いがたいところがあります。

 

それに対して自毛を植える方法は、最初の手術にかかる費用は人工毛に比べて高額ですが、その後のメンテナンスは一切不要です。自分の毛ですから拒絶反応を起こすこともなく、術後も安心です。自分の毛ですから定着すれば生え変わり、抜けたら終わりということにはなりません。

 

名古屋の薄毛治療情報

自毛植毛の施術後の傷と治るまでの期間について

自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を移植する方法です。植毛で使用する髪の毛はAGAの影響を受けにくい髪の毛を使用するため、後頭部や側頭部などから採取します。傷跡は移植する場所にもできますが、植毛する髪の毛を採取する場所にもできます。

 

自毛植毛の方法にはメスを使用する方法や人の手によって毛穴ごとに採取する方法があります。
メスを使用する方法は、メスで頭皮を帯状に切除して移植する髪の毛を採取します。この方法は頭皮を切り取るため、術後に傷や痛みが残ります。切開する部分が大きくなるため、施術後は日常生活に影響を及ぼす赤みや腫れなどが正常に戻るためのダウンタイムは必要になります。

 

人の手で毛穴ごとに移植する方法は、メスによる切開がないため、傷が小さく治りも早く痛みも比較的少ないです。ただし、移植する医師の技術に左右されるところがあり、手動による採取なのでムラがでる可能性があります。
手術後には、既存の髪の毛が一時的に抜けて増加することがあります。これは移植範囲と局所麻酔を打った範囲にみられることが多く、炎症反応や局所麻酔の影響と考えることができます。また、髪の毛には毛周期によって生え変わりますが、髪の毛がこの毛周期を勘違いして一時的に毛周期にズレが生じることも原因のひとつです。抜け毛は外見的には気付かない程度ですが、元通りに生えそろうまでは半年?1年程度は必要になります。

 

植毛してから定着するまでは2?3ヶ月はかかります。術後2?3ヶ月程度で産毛が生えてきますので、その間は傷跡は見える状態です。その後は時間経過と共に発毛した髪の毛が強く元気に育ちます。10ヶ月から1年程度で薄くなっていた部分の髪の毛もボリュームがある印象になります。

 

自毛植毛は自分の髪の毛を移植する方法なので、施術方法の違いにもよりますが、定着するまでは多少でも傷跡は残ります。しかし、カツラや増毛のように急に髪の毛が増えて違和感を感じることはなく、定着すれば産毛から髪の毛が育つため、自然に髪の毛が伸びれば傷跡は気にならなくなります。時間はかかりますが、自然に髪の毛が伸びるような印象を周りに与えることができます。

増毛と植毛

髪の毛のボリュームをアップさせる方法として増毛がありますが、この施術のメリットは即ボリュームアップ効果を実感できることです。髪の毛に人工毛髪を結合させたり、人工毛髪が予め植えられているシートを頭皮に貼り付けるなどしてボリュームをアップさせますが、一気に薄毛を改善することができます。

 

デメリットとしては本当の意味での薄毛の改善にはならないことです。あくまでも人工毛髪を用いてボリュームを出しているだけですので、薄毛を隠しているだけにしか過ぎません。

 

薄毛対策として植毛治療もありますが、植毛には人工毛髪を用いる方法と自毛を用いる方法があります。
まず人工毛髪を用いるメリットとしていくらでも増やせることです。人工毛髪には限りがありませんので、増やしたいだけ増やすことができます。

 

デメリットは必ず取れてしまうことです。1年以内に何割か取れてしまいますので定期的にメンテナンスをしなければいけません。また、増毛のように薄毛を根本から改善できる訳ではありません。

 

自毛を植えるメリットとしては本物の毛であることです。自分の毛根をドナーとして使ってボリュームを出しますので正真正銘、自分自身の髪の毛として扱うことができます。もちろん植えた後は普通に生えてきますし、定期的にメンテナンスをする必要もありません。

 

しかしドナーに限りがあるというデメリットもあります。自分の毛根を使用しますのでそもそも植えられる毛根が無ければ治療はできないのです。また、移植をしたとしても全体的にボリュームが増える訳ではなく、あくまでも多いところから少ないところに移動させているだけですので、根本的にボリュームがアップする訳でもありません。

 

手術が必要になるのもデメリットの一つと言えるでしょう。メスで頭皮を切ったり、毛根をくり抜くといった手術が必要になりますので、それなりの決心が必要であり、その他の施術と比べてみると大掛かりなものとなってしまいます。